長崎子育てブログ

主に長崎市内の公園・観光地・飲食店を子連れ目線で発信するブログです。

【沖縄県本部町】民泊へ子連れ宿泊!北部・美ら海や瀬底島へのアクセス◎

f:id:mimeca:20220304102707p:plain

2月28日から3月2日まで、3歳の長男と2人で2泊3日の沖縄旅行へいってきました!

コロナ禍ということでホテルではなく、父の知り合いの方が経営している民泊を利用しての宿泊でした。

長崎のことを記録するブログですが、思い出として子連れでの沖縄旅行をまとめていきます。

こんな人に読んでほしい
  • 沖縄県本部町付近で安くで宿泊できる場所を探している人
  • 沖縄で民泊を利用してみたい人
  • 沖縄北部(美ら海)周辺で子連れ宿泊できるホテルを探している人

 

 

沖縄旅行【本部町(北部)の民泊へ子連れ宿泊】

コロナ禍ですが、沖縄に住む父が長崎へ引っ越してくるというので、沖縄にいる間に!と思い、弾丸で旅行してきました。

宿泊したのは沖縄県の北部にある「本部町(もとぶ)」。名護市の近くです。

那覇や国際通りなどでにぎわう沖縄県南部も素敵ですが、私は沖縄の自然をたっぷり味わえる北部の方が好き!

 

沖縄県国頭郡本部町

f:id:mimeca:20220304170125j:image

沖縄県北部に位置する「本部(もとぶ)町」は那覇空港から高速で1時間半、高速終点「許田」から車で15分程度。

沖縄といえば美ら海水族館!その施設がある町でも有名です。

沖縄県の海は東側より西側が穏やか。自然の多く残る北部、そして海の穏やかな西側にある本部町。

ほどよい田舎さにほどよくさかえた街並み。本部町の虜になってしまいました!

 

花ぬ元 辺名地の宿

f:id:mimeca:20220303150926j:image

今回宿泊したのは本部町にある「花ぬ元 辺名地(へなち)の宿」というところ。

10年ほど前に古民家を改造して作られた日本風のペンションというか貸別荘というか…本当に素敵なところでした。

沖縄=リゾートホテル!という家族には向かないと思いますが、沖縄ならではの経験をしたい!というならめちゃくちゃおすすめ。

実際私も泊まる前までは長男が古民家へ抵抗がないか不安でしたが、かなりお気に入りになって帰りたくないというまでに。

f:id:mimeca:20220304071356j:image

家の中でたっぷり走り回れるし、もちろんキッチンもご飯も自由。

ホテルならぐずらないかハラハラしちゃいますが、ここなら周りに気を使うことなく過ごせました。

f:id:mimeca:20220303151448j:image

満点の夜空の下での露天風呂。夕日や星空、サトウキビ畑、街並み・・・もう非日常感がすごくて幸せでした!

色んなことを教えてくださって、ホテルに宿泊したらできるわけがない貴重な体験ができたなとおもっています。

一泊5,980円で本格沖縄暮らしを体感!詳細・予約は楽天トラベルで>>花ぬ元 辺名地の宿

あわせて読みたい

 

沖縄北部・本部町の魅力!子連れ旅行プラン

f:id:mimeca:20220304171252j:image

沖縄県北部は那覇空港から車で1時間30分~2時間程度とアクセスはやや大変ですが、魅力がたっぷり!

美ら海水族館に近いこと、海の波が穏やかなことなど、子連れにはおすすめのスポットだと思います。

 

美ら海水族館(海洋博公園)

f:id:mimeca:20220304093927j:plain

引用 海洋博公園公式HP

沖縄へ子連れ旅行を考えているなら美ら海水族館へ行くプランを立てる家族が多いのでは。

美ら海水族館は「海洋博公園」内にあり、水族館以外の入場料・駐車場が無料!

f:id:mimeca:20220303151204j:image

美ら海水族館内は蔓延防止中にもかかわらずお昼過ぎにはたくさんの人でにぎわっていました。

美ら海水族館へ行くなら朝イチに限る!8時半にオープンするので朝はガラリとしていますよ。

f:id:mimeca:20220303151202j:image

海洋博公園にあるエメラルドビーチもめちゃくちゃ綺麗で、沖縄らしさもたっぷり楽しめました。

 

瀬底島

f:id:mimeca:20220303151029j:image

800mにも渡って白い砂浜が広がる「瀬底ビーチ」がある瀬底島まで車で約5分。

f:id:mimeca:20220304075607j:image

軽石もなく(多分定期的に清掃して綺麗にしているのでしょう)めちゃくちゃ綺麗でした!

また、沖縄本土から車で行ける場所で一番夕日がきれいなスポットらしいです。

f:id:mimeca:20220303151106j:image

瀬底島のヒルトンホテルの近くに路駐してみてきました。ほんとに美しい!

シーズンには警備員さんがいて駐車料金が取られるらしいので秋~冬がいいかも。

たくさんの人が路駐して夕暮れに合わせてやってきていました。

 

水納(みんな)島

f:id:mimeca:20220304171729j:image

引用 水納島公式HP

瀬底島にいったときにみえたこの島。上から見るとクロワッサンの形をしていて「クロワッサンアイランド」と呼ばれるそう。

私たちは行きませんでしたが、多くの観光客が訪れる場所らしく、すごく気になります!

本部からフェリーで15分ほど。人口は50人ほどの小さな島なのですが、魅力がたっぷり詰まってそうです。

 

ゴリラチョップ

ゴリラチョップというのは横から見たらゴリラがチョップしているように見えることからこの名前がついたそうです。

ゴリラチョップ周辺は初心者ダイビングコースとして人気のスポットでもあります。

f:id:mimeca:20220303151309j:image

波が穏やかで他のダイビングスポットが荒れて潜れないときも、ここだけ潜れるということが多くサンゴやお魚の種類も多いとか。

今回は息子がいたので潜りませんでしたが、新婚旅行でダイビングをした場所もここでした。また潜りたいな!

ダイビングの他にもパラセーリングなどのマリンレジャーも盛りだくさん!>>本部町のマリンレジャー一覧

 

道の駅 許田(きょだ)

f:id:mimeca:20220304071640j:image

「道の駅 許田(きょだ)」は狭いながらも日本一来客数が多い道の駅だそう。

新婚旅行でも訪れましたが、最近リニューアルされて、トイレの建物が綺麗になっていました!

食事、お土産はここで。沖縄らしさがぎゅっと詰まったお店で大好きです。

 

御菓子御殿 恩納村店

f:id:mimeca:20220304075734j:image

沖縄といえばちんすこうより紅芋タルトな私・・・御菓子御殿、最高でした!息子も大喜び!
f:id:mimeca:20220304075737j:image

一律1,000円でお土産の地域発送が可能!しかし一度東京に送っての地域発送になるそうで5日程度かかるらしいです。

早く届いてほしかったのでここでは発送せず、近くのスーパーで段ボールをもらって近くの郵便局から発送しました。

 

恩納村(おんなそん)

高速道路を途中で降りて、恩納村周辺の海沿い道路を通りました。

所々ビーチがあって、途中で車が停められそうなビーチで休憩がてら遊びました(コロナで駐車場を閉めてる所が多かった)。

f:id:mimeca:20220304073031j:image

 ホテルが所有しているビーチは軽石の除去が進んでいましたが、その他のビーチはまだまだ軽石がたくさんでびっくり。

誰かが掃除したのだろうなと思われる大きな軽石の入った袋がいくつも積んでいましたが、拾っても拾ってもまた流れ着くようで…

f:id:mimeca:20220304073034j:image

本来は真っ白な砂浜なはずなのに…少し残念な気持ちでした。

もうだいぶ前の記憶だったので、てっきり軽石はもうないと思っていただけに、深刻な問題なんだと実感していました。

手作業ではとても気が遠くなる…国が予算を組んで重機などで軽石を除去できないのかな…そんな思いになります。

 

沖縄本部町へのアクセス

沖縄県国頭群本部町は沖縄県北部に位置する自然豊かな町。

美ら海水族館はもちろん、ゴリラチョップ、瀬底島、など魅力がたくさん。

スーパーやカフェ、郵便局やコンビニも所々にあるので安心できました。

高速終点「許田」から車で20分程度。海沿いを走るので気持ちいいです!

また沖縄県に旅行することになっても、花ぬ元 辺名地の宿を利用したいなと思っています。

一泊5,980円で本格沖縄暮らしを体感!詳細・予約は楽天トラベルから>>花ぬ元 辺名地の宿

本部町周辺のその他のホテルの値段を比較>>じゃらんYahoo!トラベル楽天トラベル

あわせて読みたい