長崎子育てブログ

主に長崎市内の公園・観光地・飲食店を子連れ目線で発信するブログです。

【干拓の里】食事できる場所は4つ!土日のみ開店が多いので注意

f:id:mimeca:20220128224739p:plain

干拓の里敷地内(駐車場も含む)で食事が食べられる場所を調べました。

こんな人におすすめ
  • 干拓の里で食事が食べたい
  • テイクアウトして干拓の里内で食べたい

 

 

干拓の里の食事処は4つ

干拓の里の敷地内で食事ができる(テイクアウト)所は4つあります。

  • LEON'sキッチン(駐車場横)
  • 愛彩(よかとこ市内・takeout) 
  • Sato cafe(園内)※土日のみ開店
  • はとむぎ館(園内)※土日のみ開店

 

では、それぞれ詳しくメニューなどを見ていきたいと思います!

 

干拓の里食事①駐車場横¦LEON's キッチン

干拓の里の駐車場内にあるのが「LEON's(レオンズキッチン)」はサンドイッチなどを扱うファーストフード店です!

  • 干拓の里の入場料が不要
  • 定休日→月曜日
  • テイクアウトもイートインも可
  • ドッグラン横にあるのでワンちゃんの入店もある

 

基本情報

f:id:mimeca:20211224194227j:image

名称 LEON's キッチン
電話番号 070-75880345
営業時間 10:00~17:00
定休日 月曜日

 

店内

f:id:mimeca:20211224194302j:image

テーブル席が4席と窓側ドッグランを眺められるような感じでカウンター席がいくつかありました。

f:id:mimeca:20211224194257j:image

お馬さんの乗り物があって、待ち時間少しだけ遊ぶこともできます!

 

メニュー

f:id:mimeca:20211224182346j:image

  • サンドメニュー(500円~)
  • 丼物メニュー(650円~)
  • サイドメニュー(200円~)
  • ドリンクメニュー(200円~)

その他ドリンクセット、タピオカなどがありました。

f:id:mimeca:20211224194319j:image

カツサンドをいただきましたが、味もとっても美味しかったです!

 

干拓の里食事②よかとこ市内¦愛彩

よかとこ市は干拓の里の駐車場の道路側に位置する地元の野菜やお土産などが売っているお店です。

その一部に「愛彩」というテイクアウト専門のお弁当やさんがあります!

  • 干拓の里の入場料が不要 
  • 定休日→月曜日
  • テイクアウトのみ

 

基本情報

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

愛彩-AISAI-(@aisai_bentou)がシェアした投稿

名称 愛彩-AISAI-
電話番号 0957-21-1257
営業時間 不明
定休日 月曜日+不定休有

 

メニュー

  • 日替わり弁当(550円)
  • 9マス弁当(600円)

 

干拓の里食事③園内¦Sato cafe

「Sato cafe(里カフェ)」は干拓の里の園内にある食事処のひとつです。

  • 干拓の里の入場料が必要 
  • 土日のみオープン 
  • うどんやチュロス他

基本情報

f:id:mimeca:20220110071243p:plain

引用 干拓の里公式HP

名称 Sato cafe
電話番号
営業時間 11:00~16:00
定休日 平日(土日祝のみopen)

 

メニュー

  • フライドポテト(350円)
  • 揚げたこやき(400円)
  • やきそば(400円)
  • チャーハン(500円) 
  • アイスクリーム(400円)
  • ドリンク(250円~) 他

 

干拓の里食事④園内¦はとむぎ館

はとむぎ館も干拓の里の園内にある食事処のひとつ。

  • 干拓の里の入場料が必要
  • 土日のみオープン
  • ハトムギを使用したそば類 

基本情報

f:id:mimeca:20220110071919j:plain

引用 干拓の里公式HP

名称 はとむぎ館
電話番号
営業時間 11:00~16:00
定休日 平日(土日祝のみopen)

 

メニュー

  • はと麦うどん(550円)
  • カレーうどん(550円)
  • かけそば・ざるそば(550円)
  • カレーライス(550円)
  • おにぎり(180円) 他

 

週末は干拓の里へ行こう

諫早市にある干拓の里の食事処について紹介しました。

土日のみオープンのところもあるので、土日に家族でゆっくり♪というのがおすすめです。

入場料もかかるし前より遊具は減っていますが、乗馬体験や白鳥ボート、ムツゴロウ水族館など非日常感を味わえて楽しいはず!

あわせて読みたい