長崎子育てブログ

主に長崎市内の公園・観光地・飲食店を子連れ目線で発信するブログです。

【長崎市恐竜博物館】子連れの滞在時間・周辺情報・オープン半年後の現状

f:id:mimeca:20220814175550p:image

長崎市野母崎地区にある長崎市恐竜博物館へ行ってきました!今回で2回目になります。

今日は長崎市恐竜博物館に子連れで訪れた感想やオープン半年後の現状を伝えられたらなと思います。

こんな人に読んでほしい
  • 子連れで長崎市恐竜博物館へ行きたい
  • 博物館の滞在時間や周辺はどんな感じ?

 

f:id:mimeca:20220814175605p:image

長崎市恐竜博物館

f:id:mimeca:20220311095506j:plain

長崎市恐竜博物館は、福井県立恐竜博物館・御船町恐竜博物館(熊本県)に続き日本で3つめの恐竜博物館です。

正ーー直、福井県の恐竜博物館をイメージしちゃうと物足りなさを感じるかも。ほどよい期待値でお願いします!(笑)

 

アクセス

f:id:mimeca:20220322072024p:plain

住所 長崎県長崎市野母町568-1
電話番号 095-898-8000
最寄バス停 恐竜パーク前

長崎市の中でも最南に位置する野母崎半島に長崎市恐竜博物館はあります。

長崎駅から車で約30分ほど…西の果てですが、活気のある街で素敵なところです。

バスで行く方法もありますが、金額的にも時間的にも車でのアクセスがいいと思います!

 

定休日・営業時間

定休日 月曜日
営業時間 9:00~17:00

定休日である月曜日は同じ敷地内にある軍艦島資料館等もお休みになるのでお気をつけてください。

オープン当初は予約してからでないと入場できませんでしたが、現在は予約なしでも入場可能でした!

予約をしていない場合、受付の前で名前・住所・連絡先を記入してのチケット購入になります。

 

入場料:大人500円・3歳〜200円

f:id:mimeca:20220320121931j:image

  大人 3歳~中学生
入館料 500円 200円
年館パスポート 1,250円 500円
入館+軍艦島資料館 500円 240円

博物館にしては、リーズナブルな価格。年間パスポートは隣の建物にある飲食店GAOGAOさんで割引を受けられる特典も。

ちなみに、福井県立恐竜博物館の入場料は730円、御船町恐竜博物館は500円、長崎ペンギン水族館は500円です。

 

駐車場:無料

f:id:mimeca:20220608152813j:image

駐車場は無料!臨時駐車場もありますが、現在来客数も減っているのでメインの駐車場で大丈夫かと思います。

 

バリアフリー:◎

f:id:mimeca:20220608152905j:image

館内は2階建てです。エレベーターがあるほか、全て段差はありませんでした。

 

トイレ:◎(おむつ替え・授乳室あり)

f:id:mimeca:20220608152907j:image

多目的トイレと一般トイレ内にもおむつ替えシート完備。

f:id:mimeca:20220608152902j:image

赤ちゃんルームには授乳室・水道・おむつ替えシート・ゴミ箱がありました。

 

ベビーカー貸出:◎(無料)

f:id:mimeca:20220608152859j:image

ベビーカー貸出は無料。下に荷物置きもあり、めちゃくちゃ押しやすかったです!

入口すぐの受付で名前・電話番号を記入してからレンタルになります。

 

いざ長崎市恐竜博物館へ!3歳息子と回った写真・感想【2022.3月】

さっそく長崎市恐竜博物館の館内へ。この博物館は写真撮影がOK!

全て載せては楽しみがなくなりますので、一部を抜粋して載せていきたいと思います。

 

1階フロア

f:id:mimeca:20220311095323j:plain

1階の入り口付近には長崎市の地層の紹介からスタートし、手で触れられる展示コーナーなど。

f:id:mimeca:20220311095354j:plain

実際に触れるだけでなく恐竜の仕組みなどを体感できるコーナーもありました。

f:id:mimeca:20220311095335j:plain

中の方へ入っていくとメインの展示場が。開放的な空間に背景にはリアルな恐竜のイラスト。

f:id:mimeca:20220311095400j:plain

写真には写り切れないほど大きな化石の標本があったり、恐竜の世界に迷い込んだかのようです。
もしこの時代に生きていたら確実に死ぬだろうな…なんてことを思っていました。

f:id:mimeca:20220311095351j:plain

前回オープンしたてより人がだいぶ少なくなっていたのでのんびり見ることができました。

 

2階フロア

f:id:mimeca:20220311095340j:plain

2階に登っていくとリアルティラノサウルスの動く模型が待っています!

f:id:mimeca:20220311095320j:plain

1階からも見えるのですが、近くで見るとほんとにリアル。泣き出す子も多いです。

声や瞬き、鼻の動きまで本物みたいで、再現率はとても高いのではないかと思います。

 

オープンラボ

f:id:mimeca:20220311095337j:plain

オープンラボというコーナーでは化石発掘の流れを直接窓越しに見ることができます。

f:id:mimeca:20220311095332j:plain

こんな感じで発掘したあとの処理をするのかぁととても勉強になります。

f:id:mimeca:20220311095346j:plain

息子はこの骨が怖くてかなりびびっていました。大人でもドキッとしますので覚悟して。

 

お土産コーナー(HAKUA)

f:id:mimeca:20220608153517j:image

1階の入場口付近にお土産コーナーの「HAKUA」があります。

f:id:mimeca:20220608153515j:image

お菓子や恐竜のフィギア、Tシャツなどが販売されていました。

 

長崎市恐竜博物館の周辺情報¦ランチ・公園・ホテル他

長崎市恐竜博物館は博物館以外にも周辺にはいろんな施設があるので一日たっぷり遊びつくせると思います。

 

のもざき恐竜パーク(公園)

f:id:mimeca:20220311100000j:plain

長崎市恐竜博物館の目の前に広がる「のもざき恐竜パーク」という公園。

化石が埋め込まれた砂場や恐竜をモチーフにした楽しい遊具がたくさんで息子は大好きです。

駐車場が無料なので博物館にはいかなくてもこの公園にだけ遊びに行くこともあります。

あわせて読みたい

 

軍艦島資料館

長崎市恐竜博物館の入場すると無料で軍艦島資料館の入場券もつけることができます。

世界遺産に認定された軍艦島のミニチュアや写真などが展示されてあります。

 

GAOGAO(ケバブ・お土産・キッズスペース)

f:id:mimeca:20220311095938j:plain

恐竜のお肉をつかったケバブ…?というキャッチフレーズが気になるGAOGAOさん。

というのも恐竜の祖先は鳥類。ということで鶏肉のケバブサンドということなのですが、お味はGOOD!すごくおいしいです。

奥にはお土産コーナー(おもちゃもあり)、キッズスペースもありました。

あわせて読みたい

 

水仙の丘

f:id:mimeca:20220320122148j:image

水仙がなんと1000万本植えられる野母崎水仙の丘。「かおり風景100選」に選出されているそうです。

水仙が咲いていない時期でも頂上からは軍艦島が見えて、無料望遠鏡をのぞくとはっきり軍艦島を見ることができるのでおすすめ!

 

Ocean Resort NOMON長崎(ホテル)

f:id:mimeca:20220320122310j:image

長崎市恐竜博物館の臨時駐車場にもなっている「Ocean Resort NOMON長崎」ホテル。

全室オーシャンビューで世界遺産軍艦島を眺められる最高のロケーション。

中にあるレストラン「Mare」にてちょっぴり贅沢ランチ・ディナーを利用するのもあり!

予約・詳細はこちらより>>Ocean Resort NOMON長崎

あわせて読みたい

 

のもん湯(温泉)

f:id:mimeca:20220315222118j:image

引用 のもん湯公式HP

Ocean Resort NOMON長崎内にある「のもん湯」は高濃度炭酸湯が大人気の温泉。

宿泊はしないでも温泉にだけ入りに行く人も多いとか。

のもん湯内にあるの「のもん茶屋」でもランチやディナーが楽しめます。

 

長崎市恐竜博物館への詳しいアクセス

長崎市恐竜博物館までの道のりは、国道206号線から野母崎方面へ国道499号線を進んで行けば間違いないと思います。

恐竜博物館へ行くまでの道の途中(全   箇所)で恐竜が乗った看板が設置されていますので、わかりやすいです。

一度は訪れてみたい、日本三大恐竜博物館。ゆっくり楽しんでほしいと思います!

あわせて読みたい